Top >  大阪ドーム概要 >  大阪ドーム(京セラドーム大阪)概要

大阪ドーム(京セラドーム大阪)概要

大阪ドーム

1997年2月20日、大阪ガスの工場跡地に完成。3月1日に開場した


開場以来2004年まではパシフィック・リーグの大阪近鉄バファローズの
本拠地(1999年までは野球協約に定める専用球場としては藤井寺球場と
2ヶ所指定されていた。2000年から大阪ドームのみ)だったが、


球団合併・消滅により2005年からはオリックス・バファローズの
本拠地(専用球場)となった。


また、大阪市営地下鉄中央線九条駅から大阪ドームへ至る商店街
ナインモール九条は「バファロード」の愛称で親しまれている。


なお、2007年までは神戸スカイマークスタジアムと併用で30試合程度開催する
2005年は34試合を開催、2006年も大阪ドームとスカイマークスタジアムで
34試合ずつが予定される


オリックス球団は、最終的には大阪ドームを本拠地にする意向であり、
ドーム運営会社側もオリックス主催試合数を
「2006年42試合→2007年54試合→2008年60試合」と増やしていくことを
予定していたが、ドーム運営会社の破綻の影響から

2006年の専用球場をスカイマークスタジアムに変更したため、
一時期今後の動向は流動的となった


2006年4月、オリックスが大阪ドームの施設を買収する構想を明らかにし
同6月、一度運営会社の100%減資をした上でオリックス子会社の
オリックスリアルエステートが買収することが正式決定


2008年の本拠地一本化により大阪ドームを
メインスタジアムとする可能性が高まりつつある


開場以来、セントラル・リーグの阪神タイガースも
親会社阪神電気鉄道が運営会社に出資していることもあり
本拠地の阪神甲子園球場が高校野球の大会で使われる期間を
中心に年間2〜3カード、10試合程度のホームゲームを開催している。


読売ジャイアンツも関西地区での読売新聞の
拡販を目的に年間1〜2試合開催している。


この他、全国高等学校野球選手権大会大阪大会の開会式と
その直後の数試合がこの大阪ドームで行われている
音楽のライブなども行っている。


【大阪シティドーム(運営会社)】


大阪市を筆頭株主に大阪ガス、近畿日本鉄道、松下電器産業
阪神電気鉄道などが出資する大阪シティドームが運営・管理している。


年間経常赤字が毎年15億円前後と経営状態は不良で
2004年11月1日、大阪シティドームは債権放棄を求める
特定調停を大阪地裁に申請したが不調に終わり、


2005年10月7日、会社更生法の適用を申請した。


そして、2006年2月16日、管財人の浦田和栄弁護士は
営業権や球場を売却するための入札を最低入札価格100億円と
決め実施した。


応札した企業は1社でMKグループの大阪エムケイの100億円であった
MKグループ創業者の青木定雄は2005年、
大阪ドームを本拠地とする市民球団構想を提唱しており、
共同出資者を募って大阪ドームを買い取り、
数年後に構想を実現させる計画であった。


しかし、2006年2月22日、管財人は、大阪エムケイの応札内容は不確実性が
高いとし、落札は不適格と判断した。


このため、管財人は大阪市に対して買い取りを要請する見通しだが
大阪市が拒否すれば、最低入札価格を引き下げて再度入札を行う
予定だったが大阪市から関西経済界に出された支援要請については
命名権売却(後述)を先行させたことを理由に関西経済連合会が
難色を示している。


一方、大阪商工会議所は再建支援に前向きな姿勢を示している。


その後オリックスが大阪ドーム買収に名乗りを上げ、
6月に現会社を一度100%全額減資し、その後オリックス子会社の
オリックスリアルエステート社が9月1日付けで買い取った上で、
在阪の企業などからの出資を取り付けて運営することが正式決定した。


【京セラの命名権取得】


2006年3月2日、京セラ株式会社が5年契約で大阪ドームの命名権を取得。


これにより同年4月1日付で「京セラドーム大阪」に名称変更される
予定となっていたが、会社更生法の手続きの絡みなどもあって
両者の命名権取得契約締結が遅れたため、名称変更も7月1日までずれ込んだ。


京セラは当初、名称を「京セラドーム」とする予定であったが、
地元商店街などの請願により『大阪』の名を残し「京セラドーム大阪」となった。


期間は2011年3月31日までで、購入金額は不明だが、
年間数億円と推定されている。2003年4月から京セラミタが
大阪ドームに広告看板を掲げており、2006年1月中旬頃に
大阪シティドームが京セラに打診し応じた。

京セラは再建支援問題とは関わっていない。


2006年7月1日より、大阪ドームは「京セラドーム大阪」に名称を変更。
ネーミングライツ(命名権)は京セラにあるも、
経営母体はオリックス関係が行う。

         

大阪ドーム概要

関連エントリー

大阪ドーム(京セラドーム大阪)概要