Top >  大阪ドーム施設概要 >  大阪ドーム(京セラドーム大阪)施設概要

大阪ドーム(京セラドーム大阪)施設概要

大阪ドーム

所在地: 大阪府大阪市西区千代崎3丁目中2-1

構造: 地下1階(駐車場)、地上9階

高さ: 83m

建築面積: 33,800m2

延床面積: 156,409m2


【1階アリーナ】


天井高: 72m

面積: 13,200m2

コンコース一周距離: 約600m

収用人員: 36,477人(野球開催時)

全面人工芝

両翼100m、中堅122m

スコアボードは大型映像装置(松下電器製・アストロビジョン)、
バックネット裏にも電光掲示板がある。


野球のスコアボードとして使う場合は、
上段は9イニングスまでのスコア
(10回以降は一旦表示をクリアした上で1回のところから書き直す)と
打席に立っている選手の個人成績
(打率・ホームラン)を表示。得点が入ると、
その部分が回転する。
下段は出場選手・審判団の表示。


スタンドは内野二層式、外野三層式。
バックネット裏には回転広告板が設けられている
(スポンサーはケイ・オプティコム、京セラミタ、
わかさ生活、南海部品など。イニングによって異なる)。


アメリカンフットボールなどのスポーツやコンサート
展示会などにも使われており、ドームの屋根(スーパーリング)や
敷居がイベントに応じて自由に変えられるシステムも取り入れている。


ただし、屋根の高さを変更するシステムは、
制御装置の部品が製造中止になったため、2004年8月頃から使用不能になっている


年間使用料は10億円と言われ、大阪近鉄バファローズの経営に
致命傷を負わせたとも言われる
(藤井寺球場のそれは1億円に満たなかった)


野球場として使用する場合、スコアボード付近(センター)の座席は
バックスクリーンの役割とするため立ち入り禁止となるが、
開設当初はその部分を黒のシートで覆っていた。


現在は他の座席(水色)とは区分けするため座席を濃い青色に塗りなおしている
またイベントによっては上段席(内野2階席、外野3階席)が使えない場合がある。


【2階グリンドムモール】


入場無料のショッピングモールとなっているが、イベントが無い日は
ほとんど来場者が無く、相当数のテナントが撤退してしまい閑散としている


飲食店を中心に残っている店舗もあるが、ランチタイムのみの営業や
イベント開催日のみの営業となっているものが多い。

飲食店以外で残る店舗は野球グッズ店と双眼鏡屋のみ。


【3階デッキ】


観客席入場ゲート、9F直通エレベーター、観客席内向けの飲食売店がある。


【4階】


かつては、観客席内向けの飲食売店やグリンドムモールの施設として
アリーナビュレストランがあった。


【5階】


上段観客席向けの飲食売店がある。


【6階・7階・8階】


ビスタルームと呼ばれるVIP観覧席。
6階には報道関係者・記者席と実況ブースもある。


【9階デッキ】


かつては『フェスタモール』と呼ばれ、
アミューズメントパークやビアレストランがテナントとして
出店していたが既に全てが撤退。

現在は多目的スペース『スカイホール』として展示会などに利用されている。


【その他】


観客が「タテ乗り」(演奏中に観客が終始小刻みにジャンプする)を
行なうロック系のコンサートには原則として貸し出しを行わない
(GLAY等には貸し出しを行ってないが、観客が「タテ乗り」を行なわない
B'z、ボン・ジョヴィのコンサートには貸し出しを行っている。2006年8月時点)


大阪ドームは宅地に近く、かつ軟弱な地盤に位置しており、
かつてGLAYなどの「タテ乗り」が行なわれるコンサートを行なった際、
ドーム近隣の住宅で地震の震度3〜1程度の揺れを感じることがあったため、
この様な観客が「タテ乗り」を行なうコンサートには、使用を規制している


「タテ乗り」を行なわないコンサートでも、
観客には「ジャンプ等は行なわない」よう、
公演前に必ず注意を呼びかけている。


また、地元大阪在住の歌手である矢井田瞳が2001年と
2002年にカウントダウンライブを、2004年12月にもライブを開催したが、


この2004年のライブを最後に「ドーム公演を卒業した」と明言した

これは、ドーム球場のような大会場ではなく、
ホールなど客席とステージの距離を近づけてライブをしたいとの
意向であるとしているが、彼女がこの「タテ乗り」に非常に敏感であったことから
実際には大阪ドームの「タテ乗り」に配慮したのではないかという見方がある


2001年のライブでカウントダウンをする際に「ジャンプして揺らそうやー」と言い
本当に揺らしてしまったことがある。


その後「ライブ終わってから楽屋に戻ったら“ジャンプ禁止”って書かれてました
すんまへん。本当に揺らしちゃいました。」と彼女の公式ホームページ上に
ある日記「サイキンノヤイコ」で記した


プロ使用の野球場としてはスタンドが非常に高く危険であることと
その高さ故に自分の席に近い塀際のプレーは見えないか見えづらい。


外野フェンス際の座席付近は身を乗り出して覗き込まないとグラウンドが見えない
バックネットに近い内野席ではホームベースが見えない座席がある。


一塁(三塁)側内野席では一塁(三塁)が見えにくい座席がある。
外野下段席からはスコアボードを見ることができない。
などの構造的欠陥がある。

         

大阪ドーム施設概要

関連エントリー

大阪ドーム(京セラドーム大阪)施設概要